カレンダー

2017年8月
     
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

男を考える

若さあるから、性的障害はないとは断言できない世の中、今は若い世代の人でも勃起障害であるEDに悩む人が増えています。
食生活や習慣生活など、さまざまなことを言われていますが、原因は不明です。
また、最近は草食男子と言われる男性も増え、男らしさというのがどこか欠如しているのかもしれません。
それゆえに、性的障害もおこるのかもしれません。
とはいえ、勃起障害になってしまえば、好きな人ができたとき、困ってしまいます。
人は本能があり、好きな人とふれあいそして性行為をしたいという気持ちになるからです。
本来持つ本能が、欠如してしまえば、新しくできたパートナーとの関係も不仲になってしまい、終わりを告げてしまうこともあります。
また、夫婦生活でも例外ではありません。
年齢からくる勃起障害により、夫は妻を満足できずに離婚というケースもあるのです。
深刻かしているED、それを悩んでいる男性もいるということです。
EDだと思ったら、まずは医師に相談してください。
ED治療薬を処方してもらえますし、また旅行へ行く際にもそれに対応した薬を処方してくれます。
普通であればバイアグラでしょうが、長時間持続となれば最長36時間持続効果あるシアリスを処方してくれます。
これは、食事制限もありませんので、割合気にせずに服用できます。
ただし、性行為の一時間前ぐらいに服用を目安にしてください。
最長36時間の持続効果ということですが、薬を飲んだからといって性欲が出るわけでなく、あくまでも性的刺激を受けたときに発揮します。
また、常に勃起しているわけでないので、安心してください。
このシアリスは、日本で2007年の7月末日に認証されたED治療薬です。
日本ではその年の9月に販売開始になりました。
今では、日本だけでなく世界で1000万人を超える人が使用しています。
それだけ、需要があり、EDで悩んでいる人は多くいるということです。
自分だけこんな症状だと思わないことです。
もし、自分が性的障害が起きていると思ったら、自己治療をせずに医師にまず相談しましよう。
今はインターネットで購入することもできますが、危険が伴う場合があります。
また、正規品を購入したとしても、服用する量というのがあります。
日本人にあった適量というのがあり、そのままの分量の錠剤で服用するのは危険です。
シアリスなどのED治療薬にも、少なからず副作用があります。
頭痛や血圧の変動などがおきます。
その際には、医師の指導を受けてください。